もっとスリルに侵されて

仕事をやめ早1年が経ちました。現在ニート生活満喫中。そんなニートの雑記ブログ

アマゾンプライムのドキュメンタルが面白い!感想・レビュー

f:id:FINALdalle:20170920171841j:plain

(amazon.co.jp)

 

普段はお笑いなど全く見ない私ですが、松本人志が主催するドキュメンタルというのをみたら、これがめちゃ面白かった。めちゃ笑ってしまい気づいたら前シーズンみていたのでネタバレがない程度に紹介したいと思います。

 

 

ドキュメンタルとは?

f:id:FINALdalle:20170920172005p:plain

タイトルの由来は、「メンタル」の部分にスポットをあてた「ドキュメンタリー」ということで「ドキュメンタル

松本人志曰く、コントの笑い、滑らない話、大喜利とお笑いにはいろいろあるが、その中で以外と誰もやってないのが密閉された部屋の無法地帯でのお笑い

これが本当に一番面白い人をきめるのが適してるのかもしれないということで、今回の企画を始めようと思ったそうです。プライム会員なら無料で見ることができます。

 

ドキュメンタルのルール

 

ルールは笑ってはいけないだけ

f:id:FINALdalle:20170920172207p:plain

  (amazon.co.jp) 

参加者10人は100万円を自腹で用意し、最後に残った1人が1000万円を獲得できるというもの。

制限時間は6時間で、笑わせるためには何をしてもよく、参加者は持参した小道具などを使って他の芸人達を笑わせたりします。

松本人志は別室で芸人達の笑った笑ってないを監視、判断しています。

ただ笑ってしまったら一発アウトというわけではなく松本人志が「イエローカード」「オレンジカード」という警告をし実際は1,2回まで笑うことは許されています。

 

「笑いのプロ」が「笑いのプロ」を笑わす

f:id:FINALdalle:20170920172323p:plain

  (amazon.co.jp) 

脱落してしまうと100万円も失うことになるので、松本人志がスタートのボタンを押した瞬間、芸人達の「絶対に笑ってはいけない」という、場に独特の緊張感が生まれます。

また普段は観客や共演者を笑わすはずの芸人たちが、今作はお笑い芸人がお笑い芸人を笑わすという、本人たちが今までにあまり経験したことがないことを要求されるので、いろんな芸人達が試行錯誤で笑わせにきます。

芸人達の中にもどんどん仕掛けていく「攻めタイプ」の人と、他の人の仕掛けに対してツッコミを入れていく「防御タイプ」の2パターンに分かれていて、自分から笑わせにいったつもりがツッコミを受けて逆に笑ってしまうといったような展開があって面白いです。

 

地上波じゃ放送できないような内容

 

正直、家族と見るのはあまりオススメできません。

松本人志本人も「娘には見せられない」と言っているようにもうホントに下ネタが満載です。

特に後半になるにつれてまともな会話ができなくなってるのか、ひたすら下ネタを使って笑わせにくるところは賛否両論、意見が別れるところかと思います。

ですが、地上波で放送できない内容だからこそ、自由にできるからこそ、縛りのない芸人達の笑いに対する真の姿がみれたと思っています。

シーズン1の宮川大輔がルミネの楽屋でやってたアナリンピック、シーズン2のジミー大西のこんにゃくふんどしやジャンポケ斎藤がくまの人形にしたこと、シーズン3でオードリー春日が陰部を見せびらかしてるところ、とても地上波じゃ放送できる内容ではないため必見です(笑)

 

芸人達のコスプレ

 

ドキュメンタルの面白いところは芸人達のコスプレにもあります。

コスプレが皆それぞれ自分のキャラにあったコスプレをしていて面白いです。

f:id:FINALdalle:20170920171609p:plain

f:id:FINALdalle:20170920172513p:plain

  (amazon.co.jp) 

 

残念な点

 

・ 松本人志のジャッジが曖昧

笑った笑ってないの判定が少し曖昧で、ニヤついてる人がアウトになったりならなかったり。まぁ笑ってはいけないルールで思いっきり笑う人はそういないのでこういった判定は難しいですね。

 

・食べ物を粗末にしている

パスタを吐き出したり、キムチを顔につけたりと食べ物を粗末にしてるシーンがちらほらとあります。自分は食べ物を粗末にすることで生まれる笑いがあるとは思っていますが、見ていてあまりいいものだとは思えません。

 

・笑わせる人にあまりメリットがない

笑ってはいけないというルールの中で笑わせに行く人のメリットがあまりないです。

ただシーズン2から笑わせた人にポイントが入るようになるのですが、どうも笑わせにいく人は自分も笑ってしまい脱落しがち。最終的に何も笑いをとらないような人が残っていく傾向にありました。ドキュメンタリーなので仕方ないですが。

 

 

まとめ

 

ドキュメンタルはプライム会員なら無料なら無料でみることができます。お笑いに全く興味のなかった私でも全体的にかなり笑ってしまいました。

またシーズン3では極楽とんぼ山本がキャスティングされており主演者も大変驚いてました。こういった地上波にでれないような人の主演なんかもあるところがドキュメンタルのいいところでもあります。

シーズン4ではどのようなメンツがくるのか、毎シーズン面白さも増しているのでとても楽しみです。

 

ドキュメンタル・視聴ページ